エンターテーメント

雑誌読み放題サービスの良いところと残念なところ、お試しやキャンペーン情報など

読み放題サービスで雑誌を読む

楽天マガジンやアマゾンのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)など本や雑誌が定額で読み放題のサービスがたくさんありますね。

私はパソコン関係や生活スタイル系の雑誌を読むのが好きです。

そんな私にとって読み放題サービスは非常に魅力的でコスパが高いサービスです。

しかし、日頃から思うひとつ残念なことがあります。

それは、雑誌を読むにはスマホはもちろんタブレットでも誌面が小さくて見にくいことです。

なぜなら、通常、紙の雑誌はサイズ自体がスマホやタブレット画面より大きいからです。

よってタブレットで見るにはどうしても縮小サイズで見ることになるからです。

ちなみに私のスマホの画面は5.5インチ。

画面サイズはおよそ12センチ×7センチです。

私が持っているタブレット(ファイアHD8)は8インチ。

画面サイズはおよそ17センチ×11センチです。

大きな誌面を小さく縮小してタブレットやパソコン画面で見る為に、雑誌に書かれた文字はもちろん画像も小さくなって見にくいと思うのです。

例えば

デジタル活用誌の「Mr.PC(ミスターピーシー)」の雑誌版のサイズは縦が約28センチ×横約21センチです。

雑誌「DIME」や「週刊ダイヤモンド」も同じようなサイズです。

また家電情報が満載の「特選街」の雑誌版は縦約26センチ×横約18センチです。

いずれの雑誌も紙版のサイズはタブレットの8インチよりも大きいのがほとんどです。

雑誌版とほぼ同じサイズのまま見たいと思ったら最低でも10インチ以上は必要ではないでしょうか?

15インチのノートパソコンでKindle for PCで雑誌を見ると見開きで見れるのですが、やはりその分1ページが小さくなります。

これなら見開きでは見れませんがタブレットで見る方が誌面が大きくて見やすいです。

デスクトップパソコンの大型ディスプレイで見るなら見開きでも見やすいかもしれません。

ただし、大型ディスプレイとなると持ち歩くのにはサイズ的に向いていませんが・・・電子書籍の場合は何冊でも持ち歩けるところもメリットの一つですからね。

では「雑誌読み放題サービス」はお得感が低いのでしょうか?

私がよく読む雑誌はだいたい一冊あたり600~800円くらいの雑誌が多いです。

読み放題サービスの値段を比較してみると、

・楽天マガジンが月額390円

・Kindle Unlimitedが月額980円

・ブック放題が月額500円 など

他にも読み放題サービスはあると思いますが、主なサービスの月額料金は雑誌1冊分ほどです。

Kindle Unlimited読み放題のキャンペーン

アマゾンのKindle Unlimited 読み放題は時々キャンペーンをしています。

下記キャンペーンはプライム会員向けのキャンペーンですが、2ヶ月で199円という大変お得な値段でお試しできます。

読み放題キャンペーン

引用元;Amazon公式HPより

ちなみに通常は2か月で1,960円です。

※キャンペーン期間終了後は月額980円で課金されます。

最近私が注目している読み放題サービスはT-マガジンです。

Tマガジンは会費月額400円(税抜)で雑誌類が読み放題です。

私が注目した点は、多彩なジャンルです。

雑誌・コミック雑誌に加えて、

タウン情報誌・R18

も読めます。

また、ダウンロードしてオフラインでも読めるところもいいですね。

初月無料ですから、お試しする価値はありそうですね。

この値段でかなりの種類の雑誌が読み放題ですから、かなりお得感は高いのではないでしょうか?

オフラインで読めるサービスは?

特に楽天マガジンとアマゾンの読み放題サービス(Kindle Unlimited)はオフラインでも雑誌を見ることができます。

WiFiでダウンロードできるのでインターネットにつながらなくても雑誌や本が読めるのはとても良いです。

読み放題サービスを選ぶ際は”ダウンロードできるか?”どうかも1つのポイントだと思います。

あとは、どのサービスを選ぶかによって無料で読める雑誌の種類が違ってきます。

自分の読みたい雑誌が対象かどうか?

を予めチェックすることをお勧めします。

お試し期間がある読み放題サービスなら無料期間中に雑誌のジャンルやアプリの使い勝手を十分チェックできるのでオススメです。

ポイント

・楽天マガジンは31日間無料(0円)でお試し

・アマゾンKindle Unlimitedも30日間無料でお試し

いずれのサービスも無料期間中に退会(解約)すれば料金は発生しませんので安心してお試しできます。

雑誌をスマホや8インチタブレットで読むには、ピッチで拡大して見る方法があります。

ページを拡大することに抵抗がなければ問題ありませんが、いちいち拡大するのも面倒です。

何冊でも定額で読める、電子書籍(Kindle版)は

”かさばらないから何冊でも持ち歩ける”

といったメリットがあるだけに惜しいところです。

おすすめできない人は?

しかし、読み放題サービスをおすすめできない人も中にはいるでしょう。

いくら定額とはいえ自分が読みたい雑誌が対象でない場合はおすすめできません。

また、毎月読む雑誌が決まっていて、その冊数が1~2冊程度ならあまりメリットはないかもしれません。

あとは最近は付録付きの雑誌が人気だったりしますが、電子書籍の場合は基本的に付録は付いていません。

付録目当てなら紙版の雑誌を買いましょう。

あとは漫画雑誌はなかなか読み放題にはならない雑誌が多いです。

特に週刊・月刊で定期的に発行されるコミック雑誌は読み放題対象外が多いですね。

モーニング

スペリオール

チャンピオンレッド

ヤングマガジン

スピリッツ

オリジナル

などコミック雑誌はたくさんありますが、残念ながら読み放題サービス対象になっていないものが多いです。

そんな状況の中「マガジンWALKER」は月額500円で、かなりの種類のマンガ雑誌が読み放題です。

あと個人的に最も気に入っているコミック雑誌読み放題が「コミックDAYS」のプレミアム会員です。

月々720円で下記の6雑誌が読み放題です。

ヤングマガジン モーニング アフタヌーン イブニング Kiss BE・LOVE

しかも、入会月は無料ですからお試し期間ですね。

これはなかなかコスパが高い読み放題サービスではないでしょうか?

つまり、情報収集などで幅広く雑誌をナナメ読みしたい人に読み放題サービスはピッタリなのではないでしょうか?

月に何冊も紙版の雑誌を買っていたらお金もかかりますし、置く場所に困ったり処分も大変そうです。

部屋中が雑誌だらけになりそうです。

これが、文庫本や新書・コミック単行本などならスマホやタブレットでも全く問題ないんですけどね。

読み放題サービスは色々メリットが多く魅力的なサービスですが、残念なことに雑誌を読むのには適していないなぁという話でした。

裏技!?無料の読み放題サービスとは!?

読み放題サービスにもいろいろありますが、基本的には有料ですね。

月額会費が必要です。

でも、なんと会費無料の読み放題サービスがあるのをご存知でしょうか?

それは私も使っている

Yahoo!読み放題プレミアム!

です。

これはヤフーのプレミアム会員の方なら読み放題のサービスです。

通常、ヤフープレミアム会員になるには月額会費462円(税抜)が必要です。

しかし、Y!mobileの契約者は追加の会費無料でプレミアム会員(Yahooプレミアム for Y!mobile)になれます。

ヤフープレミアムの月会費はY!mobileの基本料に含まれるんですね。

つまり、ワイモバイルを使用(契約)している方は無料で「読み放題プレミアム」が利用できるんです!

ワイモバイル契約者の方にとっては大変お得ですよね?

裏技!

とまではいかないかもしれませんが、私のようにY!mobileユーザーの方はぜひ読み放題プレミアムを利用してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-エンターテーメント

© 2020 日常ニュース情報局