美容

ふくらはぎが見る見る痩せた?その秘密はリンパマッサージとウォーキングにあり!

ふくらはぎがみるみる痩せる!?

キュッと引き締まったふくらはぎは多くの女性の憧れでもありますよね。
ふくらはぎ痩せを実現するポイントは主に2点あります。
まずは脚の血流を良くするためにリンパマッサージを取り入れることをおすすめします。
また、ウォーキングは「身体に負荷をかけすぎずに健康的な痩せ方がしたい」という人にお勧めの痩せ方といえるでしょう。
継続的なウォーキングはふくらはぎ痩せ効果だけでなく、健康増進効果や下半身の筋力強化にも有効です。

ふくらはぎ痩せにはリンパマッサージがGood

まずは、ふくらはぎ痩せしたい方に一番おススメなのがリンパマッサージです。
引き締まった足首に憧れているのに、いつまでもふくらはぎがふくらんでいて細くならないことがあります。
ふくらはきを中心としてリンパマッサージを施すことで、むくみのない引き締まった状態になれます。
停滞気味の血流やリンパの流れが良くなることで足のだるさや重さも改善されるでしょう。
リンパマッサージは揉みほぐすより、足先から上へ向かってリンパ腺にそって指圧を行うことでリンパの循環を改善することを心がけましょう。
マッサージをしていると、脚の所々に硬く血流を悪くしているポイントを感じることがあります。
この部分を念入りにマッサージしてあげることで血流が格段に良くなります。
下半身のリンパマッサージの方法を実践することで、ふくらはぎに残っていた不用な水分や血液の流れがスムーズになるでしょう。

ふくらはぎが痩せにくい理由は?

ダイエットで体がせっかく痩せたとしても、ふくらはぎはなかなか痩せにくいという声もよくありますね。
足は筋肉がつきやすい場所なので、スリムにすること自体が難しい部位と言えます。
太ももだけではなく、ふくらはぎにも筋肉が付いていることで身体をしっかりと支えることができます。
下半身に脂肪が蓄積しすぎて、血流が悪い状態が続くと足のむくみが悪化して見た目にも足が太く見えてしまいます。
外見がよくないだけでなく、リンパや血流が悪くなると健康にもよくありません。
ちょっと揉みほぐすだけでも、ふくらはぎのむくみ解消効果が得られます。

マッサージをするベストタイミングは?

下半身のむくみを取り除き、ふくらはぎをスリムにしたい場合はマッサージがおすすめです。
マッサージの効率を高めるには、バスタイムや風呂から出た直後の体温が高くなっているときがベストタイミングです。
ふくらはぎのむくみを気にしている人は、マッサージケアや加圧ソックスなどを使うのも良いでしょう。
ダイエットしても思うように痩せられない場合は、むくみ対策に重要を置いてみましょう。
起床時に足がだるいという人や夕方になるとふくらはぎから下が太くなっていると感じたら、むくんでいる可能性があります。
下半身で停滞している水分や血液、リンパ液などを押し流すためにマッサージを施して代謝を活発にすることが、むくみ解消につながるでしょう。

マッサージの順番

お風呂で体を十分に温めてから、足の裏、ふくらはぎ、太ももの順に指の腹で刺激を与えて順にもみほぐしましょう。
足の裏からふくらはぎにかけてを両手でしっかり揉み込むと、少しずつ温かくなって足が軽くなります。
ダイエットの定番に食事制限がありますが、下半身のシェイプアップを目指すなら食事制限以外の方法のほうが有効です。
リンパマッサージを施すことは、ダイエットで下半身を引き締めたいという人に向いています。
また、足が冷えないように気を付けることは足のむくみを防ぎ、足の細さのキープにつながります。
むくみの要因になる水分や老廃物を体外に出すために半身浴を行ったり、加圧タイツを使って足がむくまないようにしましょう。
塩分の多い食事はむくみの原因になりますので、食事の内容にも気を配ることもポイントです。

ウォーキングは痩せる効果がある?

体重を減らす目的で食事を減らした経験がある人は多いのではないでしょうか?
しかし、食べる量を減らすとその時の体重は減りますが効果は一時的で、また、ある時から減量は進まなくなります。
食事の量を減らすと、一定の状態までは体重は落ちますがリバウンドの可能性が高くなってしまいます。
体に負担のかかりにくいダイエット法がリバウンドしにくく、健康にもいい痩せ方ができるのではないでしょうか?
体にいいダイエットをするには、食事内容を見直し栄養バランスのとれた食事にしつつ、有酸素運動も行うことです。
まず、食事は量を減らすのではなくご飯やパスタといった炭水化物を減らすとかなりダイエット効果が期待できます。
野菜やたんぱく質を食材に用いた主菜をしっかり摂って、炭水化物であるご飯を少な目にすることで栄養バランスをとるようにします。

痩せやすい体質になる方法

ダイエットの効果をアップさせるためには、ウォーキングを習慣づけるといいでしょう。
習慣的に有酸素運動を行って体脂肪を積極的にエネルギーとして消費することで痩せやすい体質に変えていきます。
ジョギングほどは身体に負荷がかかりませんので、ウォーキングは楽しみながら継続して行うことができるのではないでしょうか?
初心者でも自分のペースに合わせてウォーキングすることができるので、非常に手軽なダイエット方法と言えます。
それほどきつい運動にはなりませんが、ウォーキングを続けることで身体に蓄積されている余分なカロリーの消費量を増やしてくれます。
もっとたくさんカロリーを消費したい人はジョギングや水泳などが適していますが、20分以上ウォーキングを継続することで脂肪を燃やすことが可能です。

音楽を聴きながら楽しくウォーキング

ミュージックプレイヤーなどで音楽を聴きながらのウォーキングもお勧めです。
音楽があれば歩くことに退屈することもなくなりますし、楽しく継続できるでしょう。
身体にバランスよく筋肉がつき下半身の引き締め効果も得られるので、一日30分~1時間のウォーキングはおすすめです。
新陳代謝が活発に行われるような身体になるためには、身体の筋肉量を増やすことです。
適度なウォーキングで全身に筋肉をつけ、同時に体脂肪の燃焼を促進しましょう。
ウォーキングを継続することでダイエット効果が実感できるだけでなく、プロポーションもキープされます。
ダイエットには様々な方法がありますが、やはり基本は有酸素運動です。
ふくらはぎ痩せのためにをウォーキングを行うなら漫然と歩くのではなく、ウォーキング時の姿勢やペース配分、時間や頻度なども重視しましょう。

朝のウォーキングが体にいい理由

効率のいいウォーキングを実践したいなら、朝起きたら歩くといいでしょう。
体中時計のズレを直すためにも朝は起きたらまずウォーキングを行って、身体を覚醒させましょう。
心もち歩くスピードを早くするのがポイントです。
通勤・通学の時間を利用して、少しでも多く歩く習慣をつけるといいでしょう。
どうすれば正しいダイエットウォーキングができるのか?
自分の状態に合わせてウォーキングのやり方を見直したり、食事の改善をすることも重要です。

まとめ~効果を早く実感するために

いろんなダイエット法がありますが、ふくらはぎ痩せに最も適した方法は何か?
自分のやり方はこれで合っているのか?
なかなか結果が出ないと不安になってきますよね。
効果の出るやり方は個人によって違うこともありますからね。
脚痩せ・ふくらはぎ痩せのノウハウを紹介した専門教材やDVDも多く販売されていますので、「自分の痩せ方は間違っていないか?」見直すことは効果を早く実感する為にもおすすめします。

-美容
-

© 2020 日常ニュース情報局