暮らし

新卒の就活は情報収集が成否の分かれ目!出遅れた人の為の情報収集の仕方

就活情報の集め方

求める情報を速やかに確保することが就職活動をうまくやり遂げるためには重要なポイントです。
就職活動で大事なことは情報をうまく扱えるかどうかにあります。
とはいえ、新卒者にとっては初体験の就職活動ですから、まず何をどうすれば情報を集めることができるのかわからない人がおおいのではないでしょうか?
まず収集をする際一般的に用いられるのはリクナビのような就活ポータルサイトやSNSなどインターネットを活用したものでしょう。
ポータルサイトには企業の説明は勿論、就職活動におけるノウハウなども掲載されているためある程度の知識を得ることが可能です。

情報収集が就活成功のポイント

基本的な情報はマイナビやリクナビなどインターネットを情報源とすることができますが、その先の展開に持っていける情報も必要になります。
不合格点にならないための方法はネットでわかりますが、見事採用を勝ち取るにはどうすればいいかは自分で考える必要があります。
実体験を通して情報を得ることで、ネットだけではわからない情報を自分のものにすることができます。
例えばインターンシップやOB訪問などで、既に社会に出て仕事をしている人と話をする機会が得られれば就活サイトやSNSだけではわからない生の情報が手に入るでしょう。

SNSや学校の就職課のサポートを利用する

このように深く情報を集めることは志望企業に入社するためには勿論、自身が本当にその企業とマッチしているのかを知ることにも繋がります。
最近の情報収集の傾向としてはSNSを利用した方法も注目されています。
例えば就職関連情報を発信しているTwitterアカウントをフォローする人は多いようです。
企業のfacebookから就活に関する情報を集めるケースも主流になりつつあるようです。
SNSは幅広く情報を集めるのに適したツールと言えますので、ぜひ上手く活用したいですね。
様々な情報を集めた上で自身の就職活動に役に立つものを抽出しそれらの情報を活用することが、希望の会社に就職する鍵を握ると言えるでしょう。
このように就職活動の情報を収集する方法はネットが入口になる傾向がありますが、個人対会社の直接関係は避けた方が無難な場合もあります。
学生が就職活動をする時には、就職課のサポートを得ることが可能です。
社会人であれば地域にあるハローワークの情報を利用したり、人材紹介会社に登録して就職活動を行う方法もあります。
以前に就職活動をしたことがあり、何をすればいいか分かっている人はフリーペーパーや求人サイトでの情報収集が適しています。
ホームページや就職情報誌で見つけた会社に応募したが、実際に働いてみたら給料が少ない、福利厚生の条件が違うなんて事も少なくありません。
実際に会社で働き始めてから問題が発生し、上の人に訴えたものの握り撫されてしまって泣き寝入り状態になってしまう・・・なんてこともあるかもしれません。
学校の就職課、ハローワーク、人材紹介会社に共通するのは会社と労働者の間に入って話をしてくれるという点です。
会社との間でトラブルに発展しそうな時は、ハローワークや就職支援会社などこちら側に立ってくれる存在が重要です。
就職支援サービスを積極的に活用することが、なれないうちの就職活動を円滑にすすめるコツと言えます。

就活を長引かせない為には

新卒の就職活動では情報収集が大事です。
まずは役立つ情報をたくさん集めて、内容を精査するところからスタートしましょう。
いかにして役立つ情報を見つけ出すことができるかが、就職活動の成否を決すると言っても過言ではありません。
求人情報をたくさん集め、自分の希望条件に見合った企業を探し出すことができたとしても、採用を見送られることもあります。
できるだけ就職活動を長引かせないためには、自分なりの妥協案を見つけておくことも必要です。
最初の希望条件が全て通らないとしても、削れる条件は削っていくことで採用されやすくなるでしょう。
しかし、逆に条件が全くなく”何でも良い”というのでは、仮に採用されたとしても長続きしないかもしれません。
自分の中で最低限キープしたい条件はどこか?を決めておくことで、求人情報を吟味する時に妥協点を探りやすくなるでしょう。
働き口に対して条件を明らかにしたい場合は自分自身の考え方や価値観を明らかにすることが大切です。
自分がどんな人間か改めて知るためには、就職セミナーなど外部からの情報に触れる機会を増やすこともいいかもしれません。
仮に不採用が続いたとしても、それには何らかの原因があるはずです。
自分の仕事の選び方が間違っていたのかもしれませんし、縁のある仕事にまだ出会えていないだけなのかもしれません。
自分を少し客観的に見ることでより多くの情報を収集しやすくなり就職活動しやすくなるでしょう。

本当に就職すべき会社か?見極める為の面接でもある

就職活動を成功させるためには、面接を突破する必要があります。
面接をしない企業はまずありません。
就職活動を短期決戦で終わらせるためには、面接を受ける時に前もってしっかり用意をしておくことてす。
多少の緊張は仕方のないことですが、あまりにも準備不足でしどろもどろになってしまっては採用担当者にも気づかれてしまいます。
応募先の企業について下調べをしたり自己PRの準備を済ませておかないと”やる気がない”と思われてしまいます。
採用面接を突破して、希望の企業で働けるようになるには面接での自己アピールが必要です。
例えば「御社の情報をSNSで知りました・・」と言うのと「御社の情報を新聞で読んだのですが・・・」では印象が違ってくるのではないでしょうか?
新聞や本を日頃から読んでいるということは現代のネット社会において自己アピールできる要素だと思います。
また、面接だからといって”聞かれたことだけに答えるだけ”という消極的な姿勢では採用担当者にポジティブな印象は与えられないでしょう。
採用の可否を決めるための面接ですが、気持ちとしては”企業の真価を見定める”くらいの心構えを抱くと良いのではないでしょうか?
就職活動とは会社に雇ってもらうための活動であると同時に、自分が会社を選ぶための活動とも言えます。
面接を通して上手な質問をしていくことで企業の本質や社風などを知ることができるでしょう。
その会社について理解を深め、本当に自分が入社したいと思える会社か?見極める為に面接を受けにいく、という考え方も大切だと思います。

-暮らし
-

© 2020 日常ニュース情報局