エンターテーメント

漫画おこだわり人「手ブラの男」は最高に笑える!ネタバレとおもしろさを考察

漫画「おこだわり人」ネタバレ

久しぶりにとても笑える漫画を見つけたのでネタバレ含めながらご紹介したいと思います。

漫画雑誌モーニングに連載中の「その『おこだわり』俺にもくれよ!」という漫画です。

毎回、何かこだわりのテーマがあるらしいのですが、モーニング№14のこだわりは”手ぶら”です。

手ぶらとは「手に何も持たない」手ぶらのことです。

しかも、手ぶらにこだわる人を「手ブラー」と言うようです。

目次

洋服を買う時の基準は『軽さ』

「手ブラの男」では、おこだわり人(主人公?)が、徹底的に手ぶらにこだわる様がとても面白く描かれています。

さらに、少しでも外出時に身軽で出かけるよう、身に付けているものをグラム単位で軽くすることをこころがけているという徹底ぶり!

着ているシャツ・ズボン・シューズについて、それぞれできるだけ軽いものを身に付けているおこだわり人。

実際に各洋服の重さ(グラム)が書かれています。

昔は片足わずか100gのスニーカーがあって、おこだわり人は今もそれを大切に履いているようです。

読んでいて思わず「へ~、そうなんだ」と思ってしまいました。

おこだわり人は服を買う時の基準が「軽さ」だそうです。

普通、デザインだったり機能性だったり値段だったりを基準に選ぶのが普通だと思うんですが、「軽さ」を最優先するという価値観と言うか考え方もあるんですね。

洋服屋さんに行ったおこだわり人が店員さんに、

「一番軽いズボンどれですか?」

と聞いて、店員が困惑している様子がウケます。

極寒の季節の凌ぎ方

夏なら薄着で軽い服装で過ごせますが「寒い冬はどうするの!?」と清野さんに聞かれるのですが、ちゃんと対策を説明できるところがスゴイ!

ちなみに、この漫画の登場人物はおこだわり人と清野さんのほぼ二人だけです。

清野さんはこの漫画のレギュラーでしょうか?

この漫画の著者が清野とおるさんなので、著者自らが作品に登場しているということでしょうか?

とにかく、清野さんはおこだわり人ではありません。

おこだわり人のこだわりにあきれている側の人です。

話を戻して、冬は冬で軽くても暖かく過ごせる着方を説明しているのですが、とにかく現実感・説得力があります。

漫画だからと単なる机上の空論ではなく、

・具体的にどのブランドの何という洋服を着るのか?

・なぜ暖かいのか?素材は?

・重さは?

ということについて、実在する(した)商品できっちり裏付けとってるところがスゴイ!

ちなみに、この漫画にでてきた45gのウィンドジャケットをパソコンで検索してみました。

メーカーと商品名も書かれていますので、簡単に調べることができます。

すると・・・実際にあるんですね。

おこだわり人が着ているのと同じです。

値段は8千円前後です。

ネットショップのアマゾンでも売ってますから、この漫画読んで実際に買う人もいるんじゃないでしょうか?

「さらに極寒の日はどうするの?」

とツッコまれた時の答えとおこだわり人の動きがまたおもしろいです。

そんな寒い日は自分で体を動かして体内から熱を発するんだそうです。

おこだわり人の動きに思わず笑ってしまいました。

別府温泉まで手ぶらで行った方法

さらに驚くことに、おこだわり人は一昨年の夏に東京から九州の別府温泉まで手ぶらで行ったことを告白します。

その際の財布や携帯はどうしたのか?

という清野さんの疑問にもおこだわり人は見事に納得いく答えをしています。

ここでは94gのスマホに電子マネーなどをINすることで手ぶらが可能だったことが説明されています。

もちろん実在するスマホの機種名も書かれていますよ。

私は最新のスマホ事情には疎いのですが、最近はクレジットカードをスマホに入れて(IN)持ち歩くことができるんですね!?

普段の生活では支払いは現金よりクレジットカード派なので、めちゃくちゃ興味を持ってしまいました。

あとは雨の日に傘を持たないでどうやって凌ぐのか?

なるほどね、ポケットにあれをしのばせておいて傘代わりにするんですね。

いや~すばらしいアイデアです。

徹底した手ぶらへのこだわりを感じます。

手ブラーへのきっかけは飲み会

そして物語の後半で、おこだわり人が「手ぶら」にこだわるようになったきっかけが以前参加した”飲み会”だったことが明かされます。

やはり、何かきっかけがあったんですね(そこまで語るか・・・でもすごく共感する・・)。

清野さんはおこだわり人のさらに様々な軽量化に関するこだわりのダメだしを食らいます。

そして、おこだわり人と別れた清野さんは

「何が『手ブラー』だよ、カバンがあったほうが便利にきまってんじゃん・・・」

といって自分のカバンを肩にかけた途端、その重さに愕然とします。

どうやら、知らず知らずのうちにおこだわり人の影響を受けてしまったようです。

バッグを手放し、上着をぬいだ清野さんは遂に「手ブラー」と化したのでした。

「手ブラの男」おもしろさまとめ

めちゃくちゃ面白い漫画ですが、その理由の一つに”共感”できるというのがあります。

実は私自身も外出の際は荷物を持ちたくない派です。

それこそ手ぶらで出かけるのが本来は好きです。

昔は財布・ハンカチ・ティッシュ・家の鍵だけをポケットに入れて、手ぶらで遊びに行ったもんです。

そして、この漫画のおもしろさは現実的な説得力でしょう。

どうでもいいようなこだわりに、これでもかっ!というくらいこだわってその全てに現実味があります。

リアリティあふれる漫画であり、ドキュメンタリーとさえ言えるかもしれません。

その証拠にここでこだわった内容は全て実際にこだわることができますからね。

それにしても、マンガ「その『おこだわり』俺にもくれよ!」はコミック単行本が既に第4巻まで出ているんですね、知らなかった・・・。

他の「おこだわり」も読みたい!

読めば元気になる!嫌な事も忘れる!こと間違いナシの漫画です。

Amazon;「その「おこだわり」俺にもくれよ!!」

最後までお読みいただきありがとうございました。

-エンターテーメント
-,