スマートフォン・IT

エクセルの購入?その前に無料版と安い互換ソフトをチェック!

officeと互換性が高いソフトは?

 

私のパソコンには Microsoft Office は入っていません。

 

そこで今まではオープンオフィスと言う無料のソフトを使って Excel ファイルの簡単な編集を行ってきました。

 

しかし

 

やっぱり使い慣れたエクセルで作業がしたい

 

と思い、 Microsoft Office を購入することにしました。

 

しかし Microsoft Office って値段が高いんですね!

 

例えば

 

Microsoft Office Personal 2019 (最新 永続版)|カード版|Windows10|PC2台

 

はAmazonで約3万円です。

 

Microsoft Excel 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

 

はAmazonで約14,500円です。

 

家のパソコンにインストールして使うだけなのでそこまでエクセルを頻繁に使う予定はありません。

 

今回私がエクセル購入を検討した主な目的は経歴書の作成・更新です。

 

基本的な機能が使えれば十分なので、Excel の購入はできるだけ安く済ませたいのです。

 

ネットで色々と

 

Microsoft Officeを安く購入する方法はないか?

 

調べてみた結果以下の二つにたどり着きました。

 

1.無料版オフィスの使用

2.互換ソフトWPSの使用

 

Microsoft Office は自分には値段が高すぎるということで、まずは上の二つの方法を試してみることにしました。

 

無料版 Microsoft Office

 

無料版の Microsoft オフィスのエクセルならすぐに使うことができます。

 

起動方法ですがWindows10の場合

 

スタート → office

 

下記画像のような初期メニューが表示されます。

 

無料版office

 

だだし、無料版officeの場合はオンラインでのみ使用が可能です。

 

自分のパソコンのローカルにある Excel ファイルなどを編集する場合は「 アップロードして開く」をクリックして、編集したいエクセルファイルをアップロードしてから編集する必要があります。

 

見慣れたアイコンが並んでいますので、使用したいアプリを選んで使うことができます。

 

無料版 Office はオンラインのみでの使用に限られますが、操作性はエクセルと同じですので使いやすいのではないでしょうか?

 

簡単な Excel での編集をたまにするぐらいなら、無料版オフィスでも十分だと思います。

 

下記が無料版officeのエクセルです。

 

無料版エクセル

 

 

WPS Officeの互換性

 

Microsoft Officeの安い互換ソフトを探していた私は、 KINGSOFTの WPS オフィスを購入しました。

 

 

WPS Office

 

 

定価3,685円(税別)とMicrosoft Office に比べると非常に安価でした。

 

商品のレビューなどを比較したところマイクロオフィスと高い互換性があるということで WPS Office に決めました。

 

実際に使用してみたところ、 Microsoft Office のエクセルとの 互換性の高さに驚きました。

 

 

WPS Office

 

 

まさにエクセルです!

 

見た目はもちろん、ユーザーインターフェースや操作性など Microsoft Office のエクセルと比べてもなんら遜色はありませんでした。

 

普段職場で使っているエクセルと同じ感覚で操作できるのでストレスなく、とても楽に感じました。

 

私はセルに簡単な関数を使うこともあるのですが、関数についてもマイクロソフトのエクセルと同じように使えます。

 

WPS Officeの購入前は値段が安いこともあり エクセルとの互換性が心配でしたが、全く問題ありませんでした。

 

WPS Office を選んで正解でした。

 

WPS Office パーソナルエディションでは

 

  • Writer
  • Spreadsheets

 

が使えます。

 

なるほど

Writerは文書作成ソフトでMicrosoft Office の Wordにあたります。

Spreadsheetsは表計算ソフト Microsoft Office のExcelにあたります。

 

無料版 Microsoft Office か 互換ソフトか?

 

Microsoft Officeのエクセルを最も安く利用するなら、Windows 10に搭載されている無料版があります。

 

無料版は

 

オンラインのみで利用可

機能に制限あり

 

という制約があります。

 

まずはこの無料版を使ってみて、問題なければこの無料版を使い続ければ良いでしょう。

 

何といっても無料でオフイスが使えるというのは大きなメリットです。

 

無料版の次に安くて互換性があるソフトならWPS Officeがおすすめです。

 

実際に使ってみましたが、マイクロソフトのエクセルと見た目や操作性などほぼ同じです。

 

 

KINGSOFT Office

 

 

パーソナルエディションなら価格は3,685円(税別)ですから、オフィスに比べるとかなり安くて済みます。

 

ちなみに私はYahooショッピングで3,276円(税込)送料無料で購入しました。

 

 

WPS Office

 

 

Open Officeと比べて

 

OpenOfficeも無料で利用できる文書作成アプリケーションです。

 

open office

 

ローカルで使用することができます。

 

私は今までエクセルファイルを編集したい時はこの OpenOffice を使っていました。

 

Microsoftのオフィスとは見た目も操作性も少し違いましたが、簡単な編集はできました。

 

操作方法が違うので、正直使いにくいと思うことが多々ありました。

 

そこで今回思い切って KINGSOFT社のWPS Office購入しました。

 

既に書きましたが WPS Officeと Microsoft オフィスの互換性はかなりレベルが高いと実感しました。

 

WPS Office が有料であることを考えても WPS Office をお勧めします。

 

WPS Office にはいくつかの種類があります。

 

私が購入したのはパーソナルエディションCD-ROM版です。

 

マルチデバイスですのでスマやホタブレットでも使えますが 、Windows PC1台しか使えませんのでご注意ください。

 

今すぐ無料お試し!

 

キングソフトのWPS Officeを無料でダウンロードできます。

 

マイクロソフトOfficeのエクセルとの互換性を購入前に確認することができます。

 

30日間無料でWPS Officeが使えます。

 

こちらのKINGSOFT公式HPから体験版の無料ダウンロードができます。

 

エクセルを安く購入する方法をお探しの方、WPS Officeを無料で試してみてはいかがですか?

 

動作環境

対応OS:Microsoft Windows 10/8.1/7 日本語版(32bit・64bit)
CPU:1GHz以上
メモリ:1GB以上
HDD:1.5GB以上の空き領域
その他:自動アップデートにはインターネット接続環境が必要です。
※お客様のパソコンの環境が上記の動作環境を下回りますと、WPS Officeは、正常に動作しない可能性がございます。

【WPS Office(Mac)】動作環境
対応OS:macOS 10.12 以降
CPU:デュアルコア以上
メモリ:2GB以上
HDD:4GB以上の空き領域

【WPS Office(Android/iOS)】動作環境
対応OS:Android 5.0以上
対応OS:iOS10.0以降

 

以上、エクセルを安く購入したいとお考えの方の何か参考になれば幸いです。

-スマートフォン・IT
-

© 2020 日常ニュース情報局