暮らし

無利息キャッシングは本当にお得?利息で得する為の基礎知識

金利0%のキャッシングとは?

あと数日で給料日という時に「お金がなくなった!」という経験はありませんか?

そんな時は無利息キャッシングが役立ちます。

お金を使うペース配分を間違えたり予定外の出費が重なるなどで、その月の生活費やお小遣いが不足してしまうことってありますよね。

短期間で返済できるのであれば、無利息のキャッシングサービスを利用する方法があります。

無利息キャッシングとは

十分に余裕をもってやりくりしていたつもりが、思っていたより早くお金がなくなってしまったという経験は誰でもあるのではないでしょうか?

どうしても欲しいものがあって、予定外に購入することもあるでしょう。

バーゲンとか特売品なんか見た時は「今買った方が得!」な場合もあるでしょう。

決して不要な出費はしていないつもりなのに、お金が足りなくなるということもあります。

借り入れ期間を30日と限定して、無利息での融資サービスを取り扱っているキャッシング会社があります。

無利息融資の条件は金融会社によって色々ですが、完済までの日数を30日以内にするところが多いです。

無利息キャッシングなら

「次の給料日までの1週間だけお金を借りたい」

という人にちょうどいい金融サービスと言えるでしょう。

ただし、無利息で借りられる回数は最初の1回だけに限られるので注意しなければなりません。

一度完済すると、以後は通常の利息を支払う必要があります。

金利を気にすることなく借り入れのできる無利息のキャッシングサービスを覚えておくといいですよ。

金利0%でキャッシングできるのは初回のみ

一般的に、キャッシングやローンの融資を受けた時には返済時には金利に基づく利息も支払う必要があります。

しかし最近は無利息キャシング(ローン)が登場し、条件次第では利息0円で融資が受けられます。

無利息ローンとは金利0%で無利息での融資可能な融資サービスのことです。

条件を満たしているなら、いくらお金を借りても無利息となり借りた分(元金)だけのお金を返済すれば良いのです。

無利息で借りることができれば実質金利0%ということですから、どの金融機関よりも低金利の融資が受けられることになりますね。

無利息ローンの大半は、初回限定のみ利用可能という前提が設定されています。

ローン未経験の人でも安心して融資を受けられるように”お試し感覚”で利用できるのも無利息ローンならではです。

過去にその金融会社で融資を受けたことがある人は条件に該当しません。

無利息でローンを何度も利用したい場合は、違う会社から借りる必要があります。

中には、「ノーローン」のように何度も1週間無利息のサービスもあります。

このように無利息融資の成立条件をきちんと守ってお金を借りることができれば、利息のつかない借り方が可能になります。

利息を少なくするには?

「口座からお金を引き出せばいいけれどできれば使いたくない」という時や、時間や場所の都合でお金を出しにくい場合もあるでしょう。

そんな時の対応策の一つに金融会社のキャッシングという選択肢があります。

キャッシングを利用すれば、当然決められた金利に応じた利息がかかってきます。

低金利で融資が受けられれば、その分利息が少なく済みますので、返済の負担を軽減することができます。

では、どういう点に注意をしてキャッシングを利用すれば利息が抑えられるでしょう?

繰り上げ返済はお得?

キャッシングの利息は日割りで加算されますので、一日でも早く返済したほうが利息を少なくすることができます。

利息をこれ以上払わなくてよいように、一度に全額返してしまうという方法があります。

繰り上げ一括返済がしづらいという人は、無理のない範囲で早めの完済を目指すだけでも利息の減額が可能です。

キャッシングの利息の計算は借入している金額から計算されるので、利息額を減らすためには借りているお金を少なくすることが有効なのです。

多めに返せる余裕がある月は前倒しで返済することをおすすめします。

早い段階で繰上げ返済は”お得なキャッシング”の利用方法の一つと言えます。

借入金額と金利の一般的な関係について

できるだけ利息が高くならないように融資を受けたいと思うものですが、規模が大きい消費者金融会社の設定している金利はどこも似たようなものです。

多くの金融会社は、まとまった金額を融資するときの金利は低めに、少額の融資をする時の金利を高めにしているようです。

キャッシング会社ごとに金利は違いますが、借入上限金額が高いほうが金利は低くなる傾向があります。

たとえ金利の違いが僅かでも、借り入れ金額や返済期日によっては利息にかなりの差がでます。

0.1%でも低金利で融資が受けられるキャッシング会社を探すといいでしょう。

金利の低さを最優先に考えるなら、消費者金融会社のキャッシングを利用するより銀行が条件がいいでしょう。

キャッシングを利用する時には返済能力をオーバーした金額は借りず、確実に返済できる範囲内で借りることが大切です。

低金利ローンの有効活用法

カードローン会社が提示している金利には幅があります。

「少しでも低金利の金融サービスを利用したい」と思っている人はたくさんいると思います。

どこの銀行や消費者金融を利用するか?

選択する場合に大きなポイントとなるのが金利です。

金利がほんの少し違うだけでも、大口の融資や長期の融資になればなるほど利息に大きく差が出ます。

よって金利差は重視したいポイントとなります。

金融会社が表示する金利には幅がありますが、参考すべきは高い金利の数字です。

というのは、50万円以下の少額融資の場合にはその会社の一番高い金利が適用されるケースが多いからです。

できるだけ低金利でお金を借りるなら(借り入れ金額にもよりますが)貸付金利として表示されている金額の最高数値をまず比較するようにしましょう。

また、消費者金融会社の金利より銀行系カードローン会社の金利のほうが低く設定されていることが多く、限度額も比較的高めです。

金融会社によってはATMを使った時や返済手続きをする時に別途手数料がかかることもありますので、その点も考慮しておきましょう。

できるだけ早期に完済する

カードローンの使い方はとても便利で、あらかじめ審査を受けておけばその後はATMを介して融資が受けられます。

クレジットカードを持っている人であれば、そのクレジットカードで事前の審査も不要でキャッシングできます。

審査不要と言っても、クレジットカードを申し込んだ際に既に審査をしているのですが・・・。

借りたお金を返す時には利息が必要ですが、低金利で借りることができれば利息はその分少なくてすみます。

利息が増える要因としては、金利が高いことのほかに完済までの期間が長いことがあります。

全額返済するまでの時間が長いと、結果的に利息をたくさん支払うことにもなります。

月々の返済額が少ないということは、それだけ元金が減らないということです。

月々の返済金額が利息+α程度でしかないと、いつまでも借り入れ金の返済にまわりません。

カードローンを利用する時には低金利で借りることはもちろん、返済が完了するまでの”返済計画”も事前にしっかり確認しましょう。

以上、キャッシングをお得に賢く利用する方法についてご紹介しました。

上手に利用すればキャッシングはとても便利で安全なサービスです。

この記事があなたの暮らしに少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-暮らし
-

© 2020 日常ニュース情報局