暮らし

主婦のキャッシングと無利息カードローンはいくらまで借りられる?

専業主婦のキャッシングについて

キャッシング会社が融資を行うのは利息をつけて返済をしてもらうのが条件です。
毎月一定の収入が見込めない人は、お金を貸しても返済が滞る可能性が高いと見なされるでしょう。
金融会社が融資を行う対象として、一般的に収入がさほど多くない主婦も該当するのでしょうか?

主婦のキャッシング

月々の安定した収入があるか否かで、キャッシング状況は大きく異なります。
銀行以外の金融会社は総量規制があてはまるので無収入の専業主婦の場合、配偶者から同意が得られなければお金は借りられません。
しかし、総量規制の適用範囲外とされている銀行融資なら利用できるかもしれません。
主婦であっても月々の収入が一定であるならキャッシング会社からお金を借りることができます。
銀行の審査基準はハードルが高めに設定されていますので、たとえ総量規制の適用外でも専業主婦の場合融資が受けられない可能性もあります。
総量規制とは関係なく、銀行で取り決めている審査基準を満たすことができないために審査の時点で断られてしまうケースもあります。
金融機関によっては専業主婦自身が無収入でも、配偶者にまとまった収入があって融資に合意していれば融資OKというところがあります。
専業主婦が金融会社から融資を受けるには、この配偶者貸し付けを利用する方法もあります。

銀行融資なら可能性あり?

専業主婦であっても、キャッシングを利用したいという人もいるでしょう。
正社員やパートで仕事をしている主婦がいる一方、今は仕事をしていないという専業主婦の人もいます。
現時点で安定収入を持っていないという人がキャッシングしたい場合、融資は受けられるでしょうか?
主婦として生活を送っている人でも、キャッシング融資を受けることができます。
アルバイトやパートで収入のある主婦はもちろんですが、条件によれば専業主婦であってもキャッシングを利用することはできます。
キャッシングを利用する場合は銀行からの融資とその他の金融会社からの融資とでは考え方が異なっています。
銀行からの融資は貸金業のような総量規制を適用する必要がないため、申し込み者の収入とは関係なく融資を受けることも可能です。
専業主婦でも融資を受けられる可能性があるわけです。
しかし、これも今後は銀行の自主規制によって難しくなると考えられます。
では今後、主婦はどこから融資をうけることができるのか?ですが、
消費者金融の例外や特例を利用するようになると考えられます。
また、収入のある主婦であっても総量規制の対象である為、年収の3分の1までにキャッシングの融資は制限されます。

主婦のキャッシング

家庭の主婦の立場からすると、お金の管理は難しいものです。
不測の事態が生じて現金を用立てなければならなくなったり、食費が不足することもあるでしょう。
キャッシングは、急に現金が必要になった時などに重宝するものです。
もしも主婦でキャッシングを使いたいと思ったら、どのような方法があるでしょうか?
正規雇用で安定した収入がある主婦と働いていない専業主婦とではキャッシングの借入条件が大きく異なります。
働いていて自分で収入を得ている主婦なら、自分の名前でキャッシングの融資が受けられます。
もしも専業主婦でキャッシングの融資を受けたいと思うなら、収入がある家族に同意を得てからにしましょう。
大抵は配偶者(夫)の名前でキャッシング融資を受けることになりますので収入証明書や本人確認の資料は配偶者の名前のものが必要です。審査の基準は金融会社によって違いますが、審査内容に問題がある人は審査の時点で断られてしまいます。
融資金を期日までに返済できない状態が続くと、いつしか金融ブラックになって新規の審査に断られることがあります。
配偶者がキャッシングに難色をしめしても、お金をこっそりと借りないとやりくりができないということもあります。
しかし、銀行も総量規制を自主的に設ける傾向があります。
そうなると、今後は主婦がお金を借りるにはプロミスやアイフルなどの「返済専用のおまとめローン商品」を利用することになるでしょう。

無利息カードローンとは

もしカードローンを使うなら金利の低い金融会社を探したいと思うでしょう。
金融会社の中でも銀行系のほうが消費者金融系よりも金利が低いので、支払利息が少なく済むというメリットがあります。
けれども正社員ではない人などはそもそも融資を受けられない可能性もあります。
最近は無利息で融資を受けることができるカードローンが登場し、低金利でお金を借りたいという人が重宝しています。
無利息で融資を受けることができると聞くと、違和感を感じるかもしれませんね。
むろんこの無利息というのは一定の間だけ無利息ということで、その期間を過ぎて返済すると利息が計算されます。
借り入れ回数や期間、金額に条件が設定されていることが多いので少額の短期間融資を希望する人には向いているでしょう。
無利息ローンの使い方としては数日後に入金のあて(給料の振込みなど)はあるけれど、今手持ちの現金が足りないという時の補填分として役に立ちます。
融資金と同じ金額を返済すれば済むので、利息などは一切発生しないのがうれしいですね。
最近は無利息で融資を行っている金融会社も多いですが、条件は会社ごとにまちまちですので借り入れ前に条件を把握しておきましょう。
無利息のつもりで融資を受けても、借入期間が延びてしまったなどの理由で通常どおりの利息がつくこともあるので気をつけましょう。
無利息のカードローンを上手に利用すればお金が必要な時には役に立つ大変便利なサービスと言えます。

無利息の条件に注意

ローンの中には無利息での融資が可能な商品があります。
クレジットカードを使った決済では現金を使わずに買い物を済ませることができてとても便利です。
クレジットカードの支払いを”一括(一回)払い”に設定すると利息がつきませんので、決済金額をそのまま支払えば済むことになります。
一般的には、ローンの借り入れには金利に基づく利息がつくものですが最近は無利息でのローン融資も珍しくありません。
借り入れ金額や期間に条件を設けた上で利息0円で融資をする、商品が無利息ローンです。
無利息ローンでは、条件に応じて利息が一切つきません。
返済する金額は、借りた時と同じ金額でいいのでとてもお得です。
無利息で融資を行うことに金融会社にはどんなメリットがあるのか?不審に思うかもしれませんね。
実は無利息での融資は、誰でも同じ月に何回でも利用できないことがほとんどです。
通常は初回限定や一週間借り入れなど条件があります。
どんな条件で融資を受けられるかによって、無利息ローンが使いやすいかどうかが決まっています。
より多くの顧客に自社のローンを利用してもらうための一つといえるでしょう。
無利息ローンをきっかけにローン契約を結んだ人が、その後新たな融資を利用してくれるなら初回の無利息ローンは損になりません。
いずれにしても、無利息で借りられるのであれば私たちとしては助かりますよね。

おすすめのノーローンは?

主婦なら家計のことを考えて可能な限り低金利で融資が受けられるようなカードローンを求めています。
カードローン会社の中には無利息で融資を行うところもありますが、なぜそんな金融サービスが登場したのでしょう?
無利息でのカードローンは実在していますが、利用する時には気をつけたいことがあります。
大抵の金融会社は初めて利用する人に限って無利息でのカードローンを融資を行っているようです。
そんな中、おすすめの無利息ローンは 新生銀行のノーローン です。
この商品は同月内に繰り返してノーローンを利用することはできませんが、1週間以内に返済した場合は翌月にもノーローンを利用することができます。
言い換えれば、1週間以内の無利息融資を月1回何度でも繰り返し利用できるということになります。
収入がゼロの専業主婦の方の申し込みは審査が通らない可能性が高いですが、パートやアルバイトをされている方なら十分可能です。
あなたのキャッシング利用履歴は信用情報会社に残されていますので、次々と金融会社を切りかえながら無利息でのみ借り続けることはあまりおすすめできません。
いずれは金融会社の審査に不利になってしまうかもしれません。
ローンを金利0%で使えるとしても、適切な利用のし方をするようにしましょう。

-暮らし
-

© 2020 日常ニュース情報局