暮らし

スマホカメラではなくコンパクトデジカメをあえて選ぶ理由

コンパクトデジカメの特徴

スマホのカメラの性能がますますよくなっていますね。

インスタグラムなどのSNSへの投稿しやすさなどを考えてもスマホカメラで十分きれいな写真が撮れます。

そんな今だからこそあえて

「スマホカメラより勝るコンパクトデジカメはどれだ!?」

をテーマにデジカメの特徴や機能について記事を書いてみました。

特に高倍率ズーム超広角域などのスマホにないレンズがキメ手になるようです。

パナソニックDC-TZ90 LUMIX

広角から望遠まで幅広く撮影できる万能タイプの代表ともいえるパナソニックDC-TZ90です。

特に望遠は光学30倍ズームを搭載しています。

さらに超解像技術によって60倍までズーム拡張できます。

私がコンパクトデジカメを選ぶ際のポイントの1つに高倍率ズームがあります。

例えば子供の学校の運動会などでは遠くから自分の子供を撮影するシーンが多いので、ズーム機能は必須です。

高倍率ズームだと離れていても子供のイキイキとした表情をくっきりと写真に残すことができます。

また、アウトドアでは自然界の生き物たちを撮影するのにもズーム機能があればいいですね。

人の気配を感じてすぐに飛び去って行くような野鳥の姿も遠く離れた場所からしっかり写真を撮ることができます。

180度チルト式タッチモニターは自分撮りにも向いています。

液晶モニターはタッチ式ですのでスマホ操作と似たような感覚で操作できるのも良いです。

SNSが流行っている最近はスマホとの連携機能も必須と言えます。

デジカメで撮った写真を即スマホに接続して転送できるます。

自分の撮った写真を簡単にSNSに投稿できるのも写真の楽しさの一つですね。

さらにLUMIX TZ-90は4K動画の撮影も可能です。

デジカメの動画撮影も4K時代なんですね。

「きれいな映像で残したい」

そんな思いに十分こたえてくれそうです。

これらの特徴を考えるとこのDC-TZ90(LUMIX)は

ポイント

スマホカメラとは別にあえて持ちたい万能コンパクトカメラ

と言えるのではないでしょうか?

カシオ EX-ZR4100

このデジカメの特徴は超広角レンズです。

19ミリ相当の超広角域をカバーするため、

ポイント

狭い場所で大人数を撮影する

ことが可能なコンパクトデジカメです。

広がりを持った写真を撮りたい人に広角レンズは必須です。

例えば風景写真や大きな建物など広範囲にわたって撮りたい時にこのデジカメは向いているでしょう。

運動会などでは子供一人にフォーカスをあてるというよりは運動場全体の様子を写真に収めたい時に広角レンズが役に立ちます。

場の雰囲気を撮る

とでも言いましょうか・・・あきらかにスマホカメラとは違った写真が撮れるでしょう。

ちなみにこのデジカメEX-ZR4100は5倍ズームを搭載しています。

オリンパスTough TG-5

その名の通りタフさが特徴のコンパクトデジカメです。

15メートルの防水機能はスキーやプール、海水浴、水中撮影など様々なアウトドアシーンで活躍できます。

スマホにも防水機能が付いているものもありますが、ここまで水に強いものはほとんどないでしょう。

耐久性などを考えるとやはりスマホカメラはシチュエーションに限界があります。

その点このTough TG-5は2.1メートルからの耐衝撃性、防塵、耐荷重100キロですから、あらゆるシーンで思う存分シャッターをきることができます。

日常生活で使用するだけならここまでの耐性能は必要ないかもしれません。

スマホのカメラで十分でしょう。

このTough TG-5は家から飛び出して非日常的な瞬間をカメラに残したい、という方にオススメの1台と言えるでしょう。

スマホカメラでは撮れない迫力のあるシーンを撮りたくなりますね。

グローブなどを装着したままでも操作しやすいように工夫されたデザインもタフさを感じます。

ポイント

GPS + 電子コンパス&内臓WiFi

余談ですがタフさを紹介するCM動画がカッコいいです!

思わずこのカメラを買って海や山に出かけたくなりました(#^.^#)

キャノン PowerShot G9X MK Ⅱ

通常のスマホカメラの約4倍のサイズとなる1型撮像センサーを採用しているのが特徴です。

撮像センサーとはカメラの画質を左右するセンサーでカメラの奥の方に位置しています。

サイズが大きいほど光を多く取り入れることができます。

つまり画質が良くなります。

暗い場所でもきれいな写真が撮れると言えます。

また撮像センサーのサイズが大きいほど値段も高くなります。

Power Shot G9X MKⅡは重さ約206g、薄さ31.3mmの軽量薄型ボディーです。

DC-TZ90が約322gですから、比べてもかなり軽いです。

できればデジカメはかさばりたくないですよね。

男性ならジャケットの胸ポケットに、女性でもハンドバックにムリなく収まるでしょう。

建物の中といったちょっと薄暗いシーンでもその威力を発揮するキャノンPower Shot G9X MKⅡ。

画質にこだわる方はぜひ持ちたい1台です。

ソニー DSC-RX10 M4

見た目は一眼レフのような大きさです。

これ1台で風景などの広角撮影から望遠撮影までいろんなシーンをカバーできるのが特徴です。

さらに約3センチまで被写体に近づいてマクロ撮影が可能です。

まさに1台で何役もこなせるデジタルカメラです。

多機能だけにカメラ上級者向けと言えるでしょう。

撮像センサーは1型を採用しています。

ただし、他のデジカメに比べて本体はかなり大きく重いです。

重さ約1095gです。

他のデジカメとは違って「撮影するためのデジカメ」といった感じです。

値段も別格!他に紹介したデジカメが4万円代なのに対して実売価格は19万円代です。

撮影すること自体が目的のカメラと言えそうです。

スマホカメラとは全く違った写真の世界を堪能することができるでしょう。

今あえて持ちたいコンパクトデジカメまとめ

スマホのカメラ性能がアップしてデジカメの存在感が薄くなっているかのように思っていましたが、こうして改めて見るとデジカメにはデジカメにしかできない特徴を生かした商品が多数あることがわかりました。

最近のデジカメはWiFi機能・4K動画対応も必須機能と言えます。

画素数だけでデジカメを選ぶ時代は終わりました。

自分のニーズにより合ったカメラを選ぶことが大切です。

使い方によってはスマホカメラで十分な人もいるでしょう。

「スマホカメラとデジカメ、どこが違うの?」

と思っている人も多いかもしれません。

私もその一人でした。

そこで、あえてコンパクトデジカメにスポットをあててみました。

今回は5台のデジカメの特徴について調べてみました。

どれもスマホカメラにはない特徴を持ったコンパクトデジカメだったのではないでしょうか?

スマホカメラ全盛の今、あなたにとって

あえて持ちたいコンパクトデジカメはどんなカメラですか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-暮らし
-

© 2020 日常ニュース情報局